高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

知識を深める(学校文法)

フリー百科事典ウィキペディア『学校文法』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/学校文法

学校文法(がっこうぶんぽう)とは、日本の中学校において教育される文法のことである。教科文法とも呼ばれる。普通は日本語の文法を指す(本項で詳述する)が、教養課程(小、中、高、大学など、職業訓練でない学校教育)での外国語の文法についていうこともある。

現状

現行の学校文法(橋本進吉の文法論による場合)では、多くの場合、品詞を名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞・連体詞・感動詞・接続詞・助詞・助動詞の10種(または名詞を名詞と代名詞に分けて11種)に分類する。また、文を文節に分けることを重視する点において特徴的である。

学校文法は体系の統一が未だになされておらず、各教科書・参考書・辞書においても違いが見られる。つまり、学校文法というものは暫定的でゆれのあるものであり、常用漢字や現代仮名遣いのように内閣によって告示されたものではない。

現代の言語学・日本語学の視点では、いわゆる助動詞は接尾辞や活用語尾に当たり、また文節が文の構造を反映していないなど多くの問題点があり、学校文法が肯定的にとらえられることはまずない。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める