高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

知識を深める(語用論)

フリー百科事典ウィキペディア『語用論』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/語用論

語用論(ごようろん、英語:pragmatics)とは、理論言語学の一分野で、言語表現とそれを用いる使用者や文脈との関係を研究する分野である。運用論ともいう。

自然言語は一般に、発話された場面によって指示対象が変わる「あなた」「ここ」「明日」などの直示表現(ダイクシス)をもつ。

また、例えば「すみません、今何時か分かりますか?」という発話は、形式の上ではyes/no疑問文であるが、意図されている内容は明らかに時刻を教えてほしいという依頼である。これらの現象が語用論の研究対象となる。

語用論は1960年代の哲学者ジョン・L・オースティンの発話行為の研究に端を発し、ジョン・サールによる適切性条件の議論や、ポール・グライスによる協調の原理の解明によって一定の到達点に達した。

その後は、グライスの理論を批判的に継承したディアドリ・ウィルソンとダン・スペルベルによる関連性理論と呼ばれる枠組みが展開されている。

語用論は統語論などの研究者から見れば枝葉の研究と見なされがちである一方、実際の使用と切り離して文法や意味の理解に至ることはできないという立場をとる研究者もいる。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める