? 知識を深める(意味論) :: 高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

知識を深める(意味論)

フリー百科事典ウィキペディア『意味論』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/意味論

意味論(いみろん、英語:semantics)は主に二つの学問領域を指して用いられる。一つは言語学で自然言語の意味を扱う下位領域である。もう一つは数学において、形式面を扱う証明論とともに数理論理学を構成する下位領域である。さらに一般意味論というものもあるが、言語の使用に関する倫理を扱うものであり、一般には意味論には含めない。

現在、言語学において形式意味論の重要性が増しており、それに伴い数学における意味論が大きな位置を占めるようになっている。

言語学における意味論

言語学では、意味論とは統語論の単位である語、句、文、そしてさらに大きな談話単位テクストなどが持つ意味を研究する分野である。 意味論は次の二つの分野に対置される。すなわち、より単純な記号から複雑な記号を作り出すことに関わる統語論、および、実際の発話状況や文脈に依存した記号の使用に関わる語用論である。

意味は、大きく次の二種類に分類されることが多い。第一に、記号が対象や状況に対して持つ関係。 第二に、記号がほかの記号(特に概念と言われる心的記号)に対して持つ関係。前者は指示的意味(reference)、後者は内包的意味(sense)などと呼ばれる。

これら二種類の意味に加え、意味論は伝統的に、真理条件、項構造、主題役割、談話分析などを研究してきた。これら全てと統語論を結ぶことも意味論の課題である。

数学における意味論

数理論理学における意味論は、文法が数学的に厳密に定義された形式言語について、意味写像や真偽の概念をやはり厳密に定義して行なわれるものであり、そこにおける困難は、概念を如何に数学的に捉えるかと、如何に数学的解析を行なうかにある。

これに対して言語学においては、言葉とは何かが曖昧であり、文法についての意見の一致もなく、「意味とは何か」ももちろん定まらず、従って当然、数理論理学におけるような厳密な意味論も行ない得ない。 自然言語の意味論を如何に行なうかは、極めて困難な問題である。 言葉の意味というものは「意味とは何か」を学術的に定義するまでもなく我々に直感されるものであり、また例えば機械翻訳などの分野では「意味とは何か」の問題を回避して工学的成功を得ることも可能であろうから、そもそも自然言語の意味論なるものに存在意義があるかさえもが問題とされよう。

自然言語の意味論におけるそういう困難を解決する一つの方法は、言葉の表層ではなく、言葉に対応する脳神経系内の存在物を抽象化して形式言語と捉え、数理論理学的に研究することである。 それは、もはや言語学というよりは数理心理学的の研究態度である。 例えばモンタギュー意味論は、そういう問題意識によるものと解釈して推し進めるべきものであろう。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める