高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

知識を深める(一般意味論)

フリー百科事典ウィキペディア『一般意味論』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/一般意味論

一般意味論(いっぱんいみろん、General Semantics)は、アルフレッド・コージブスキー(1879年 - 1950年)により1919年から1933年までの間に構築された教育的規範である。一般意味論は、言語学の意味論とは全く異なる。その名称は、コージブスキーが「意味反応」(Semantic Reactions)として研究していたものから来ている。意味反応とは、単に人間の作ったシンボル(言語)だけでなく、周囲の環境におけるあらゆる事象の意味に対する人体全体の反応を指す(訳注:たとえば、梅干を見て唾液が分泌されるような反応、すなわち条件反射も含む)。コージブスキーが人類の生存にとって最も有益であるとした意味反応のシステムを「一般意味論」と呼ぶ。

一般意味論の支持者はこれを精神衛生の形式と考え、自然言語に本来組み込まれている「観念化」の罠や常識による仮定を避ける手段を与えて明確かつ効果的に思考することを可能にするとしている。つまり、一般意味論は心理学と共通する部分もあるが明確な療法ではない。病を治すことよりも正常な個人の可能性を広げることに重きを置いている。

アルフレッド・コージブスキー自身によると、 一般意味論の主な目標はその実践者に「抽象過程への自覚」と彼が呼ぶものを展開することである。それは「地図と現地の違い」の自覚であり、言語などの表現方法によってどれだけの現実が破棄されているかということへの自覚である。一般意味論はこれを散発的に知識として理解するだけでは不十分としていて、「抽象過程への自覚」を常に持って反射的に実践することで完全な正気が達成されるとしている。

多くの一般意味論の実践者は、その技術を広告や政治や宗教による巧みに操作された意味論的歪曲に対する自衛手段と考えている。

哲学的には一般意味論は応用概念論とも言うべきもので、人間の感覚器や神経系や言語が人間の経験にフィルターをかける度合いを強調するものである。

一般意味論の最重要の前提は次のように簡潔に表現される。「地図は現地ではない。単語はそれが表す事象そのものではない。」アリストテレスは真の定義が事象の本質を表すとしたが、一般意味論はそのような本質を見つける可能性を否定する。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める