高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

知識を深める(漢字教育)

フリー百科事典ウィキペディア『漢字教育』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/漢字教育

漢字教育(かんじきょういく)とは、漢字の識字に関する教育である。公用語において漢字を存続させている中国と日本、その他の中国語圏では不可欠であるが、漢字を存続させるでもなく廃止するでもない韓国、漢字を全廃した北朝鮮、漢字を全廃しローマ字表記(クオック・グー、國語)に移行したベトナムでは必ずしも行われない。

概要

日本では国語教育の一環と位置付けられる。小学校学習指導要領の学年別漢字配当表に沿って、小学校第1学年から順に教育漢字1006字の読み書きを教える。

日本語では人名、小説、漫画などから道路標識やポスター、様々な書類に至るまで、日常的に漢字を扱うため、この漢字を習得できなければ、上の学年での学習は勿論、日常生活にも困難を来たす。

日本における漢字

日本において漢字は、表音文字である仮名(平仮名、片仮名)と並んで日本語を表記するための主要な文字となっている。また中国語を表記する際には中国や台湾で用いられる字体(簡体字・繁体字)も用いられ、稀に朝鮮語を表記する際にハングルに混じって漢字も用いられることがある。現在、日本語の表記は文部科学省の漢字制限(常用漢字、教育漢字)を受けており、その字体も、古典や書道といった特定の分野以外では、常用漢字表に基づいたいわゆる新字体を使うことが多い。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める