高校受験に役立つ国語読解の超テクニック

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校受験の国語対策に。読解力があるないに関わらず、文章に何が書いてあるのか全体を、誰でもとても簡単に、きちんと把握できる方法を、あなたにお教えしましょう。これは学校や塾では教えてくれない教えてくれないとっておきのテクニックのはずです。

新しい文の読み方

読書力がなくとも、文章の意図を容易につかむことが出来る新しい「読み方」

試行錯誤の末にようやくあみだした、ある”方法”・・・

それは、仮に読書力がなくとも、文章の意図を容易につかむことが出来る新しい「読み方」です。

この読み方を覚えてしまえば、かなりの精度で、問題に正解することが出来るのです。

しかも、特別な訓練を要しないのが特徴です。

さっそくある生徒にも、この方法を伝授してみました。

教えたのは、ほんの40分、練習に1,2時間程度です。

その生徒は何かきっかけをつかんだのでしょうか。目が輝き始めました。

それもそのはず、授業を受ければ、すぐにそのテクニックは、使えるのです。

「先生!内容がよくつかめて解ける」

すぐにその生徒は、そのテクニックを使用し、不得意の国語を克服していきました。

テクニックに磨きをかけ、いつも30点くらいの彼が、受験本番では、なんと80点・・・

彼にとっては夢のような点数をとってしまったのです。

ですから、第一志望校合格は、もちろん余裕でした。

この例からは、きっかけさえつかんでしまえば、実践するは簡単だという事です。

正に得点獲得のためのノウハウですね。

これを知っていれば点が取れて、知っていないと点が取れないのです。

河合先生が教える高校受験に役立つ国語読解の超テクニックの詳細はこちら

MENU

知識を深める